池袋副都心法律事務所 > 相続に関するキーワード > 遺産 相続 話し合いに応じ ない

01

遺産 相続 話し合いに応じ ない

  • 遺産相続トラブルを弁護士に相談・依頼するメリット

    遺産相続のトラブルについて弁護士に相談・依頼するメリットとは何でしょうか。 相続人同士の話し合いで解決ができるなら、専門家を頼る必要はないといえるでしょう。しかし、遺産相続には様々な法律知識や手続きに関する知識が必要であって、話し合いをまとめるのが難しいことも少なくありません。 弁護士は、相続人間の話し合いでは折...

  • 相続放棄を行った方が良いケースとは

    相続放棄をした場合、すべての遺産相続を放棄しなければなりません。例えば、親の所有する家に住んでいる場合、親が死亡して相続放棄をすれば、住居や家具を含むすべての遺産相続を放棄して家を出ていかなければなりません。 しかし、相続放棄を行った方が良い場合もあります。 ■被相続人の借金が多額である場合相続が行われると、...

  • 相続放棄・限定承認とは

    相続放棄とは、故人の借金を含む全ての財産を相続ないという相続方法です。限定承認とは、故人の財産を限度として借金を弁済し、財産が残ったならばそれを受け継ぐという相続方法です。相続放棄も限定承認も、相続があったことを知ってから3ヶ月以内に手続きをしなければならないという点で共通しています。 故人が多額の借金を抱えて...

  • 遺産分割協議について

    遺産分割協議とは、相続する財産のうち、誰がどれだけの財産を受け取るのかを決める話し合いのことをいいます。 遺産分割協議にあたっては、まず遺言書の有無を確認します。 ■遺言書がある場合被相続人が遺言を残していた場合は、相続人の話し合いよりも遺言の内容を優先する必要があるため、遺言書の通りに遺産を分けます。ただし、法...

  • 遺留分侵害額請求とは

    一定の相続人には、遺留分といって、相続に際して遺産の一定の割合について法律上取得することが最低限保証されています。 そして、遺留分侵害額請求とは、自分が法定相続人であるのに被相続人の生前贈与や遺言で遺留分を侵害される不公平な扱いを受けてしまったときに、他の相続人に遺留分の金額を請求することができることをいいます。...

  • 債務整理に関するお悩みは池袋副都心法律事務所へお任せください

    自己破産の申し立てによって債務の支払いが免除されるという大きなメリットがあり、デメリットも大きくないため、多くの方が利用する手続となります。弁護士にご依頼いただきましたらご依頼者様の状況に応じて、最適な方法を選択しご依頼者様に代わって問題を解決いたします。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区...

  • 不当解雇などの労働問題についてお悩みの方へ

    普通解雇をする際には雇用期間の定めがない場合には、30日前の予告又は30日分以上の平均賃金の支払いが必要となります。また、そもそも普通解雇をするためには、高い業務上の必要性や解雇回避のための努力等、使用者に高いハードルが課されます。懲戒解雇の場合はそのような予告や平均賃金の支払いは不要ですが、就業規則に基づく懲戒...

  • 交通事故を解決するために重要な事

    交通事故を普段から取り扱っている弁護士であれば、法的知識はもちろんのこと示談や裁判に関する経験も豊富ですので、上記のように示談金や保険金が不相当に少ない額しか支給されないといったようなリスクを回避することが可能になります。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、...

  • 不動産トラブルを解決するには

    不動産賃貸業を営んでいる場合に賃借人が賃料を支払わないといったようなトラブルが発生する場合があります。このような場合はどのようにトラブルを解決すれば良いでしょうか。 相手方が賃料を支払わない場合まずは相手方に対して賃料を支払うように督促状を送付しましょう。 この際に弁護士の名前で内容証明郵便として送付した場合には...

  • 不動産相続に関するよくあるトラブル

    不動産相続に関してトラブルが発生することは多々あります。 相続する財産に不動産が含まれる場合、不動産をどうやって評価、分割して相続するかが問題になり、親族間で揉めることがあります。不動産相続の方法としては主に4つあります。 ■換価分割換価分割といって、相続した不動産を売却して売却額を分配する方法でしたら、相続人間...

  • 遺言書の種類と効力

    検認とは、遺言の存在を確認し、内容を明確にして、遺言書が偽造や変造されていないかを確認するための保全の手続きです。 ■公正証書遺言公正証書遺言とは、二人の証人の立ち会いのもと、公証役場で公証人が遺言者から遺言内容を聴き取りながら作成する遺言です。作成には相続する財産の額に応じた手数料がかかります。 公証人が作成す...

  • 相続発生から申告・手続きの流れ

    相続は、特別な手続きなしに死亡によって当然に発生します。相続が開始した際の手続きの流れをご説明します。 相続人となるのは、民法に規定された法定相続人と、遺言書で指定された人です。法定相続人は、被相続人の配偶者、血族(子、親、兄弟姉妹等)をいいます。 相続が発生すれば、まず遺言書の有無を確認します。 遺言書が見つか...

  • 離婚問題を弁護士に相談・依頼するメリット

    弁護士に相談・依頼するメリットとして大きいものは、漏れや間違いのない離婚の条件の検討が可能であるという点が挙げられます。協議離婚の場合には、夫婦だけで離婚の条件について検討し取り決めることができますが、検討に漏れがあり、離婚後にトラブルとなるケースが数多く発生しています。協議離婚であっても弁護士に相談することで、...

  • 養育費の不払いにお困りの方へ

    支払いを再開してもらえないだろうか。「離婚した元配偶者が再婚してから、養育費の不払いが続いている。支払い能力は十分にあると思うが、どう対応していくべきだろうか。子どもがいる夫婦が離婚した際には、養育費に関してこうしたお悩みをお持ちの方は少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、養...

  • 子どもの親権獲得について

    未成年の子どもは未熟であり、自分や自分の権利について自身で保護することができないと考えられています。そこで、親が子どもに代わり子ども自身の権利を守る必要があり、親権を行使するのです。夫婦が結婚している間は、子どもの親権について共同で行使することになっています。しかし、離婚の際には、子ども1人ずつにそれぞれ親権者を...

  • 不貞行為とは

    しかしながら、その定義については、必ずしも世間で使われている不倫や浮気の内容と合致していないケースもあります。不貞行為の定義は、配偶者以外の人と性的な関係を持つということです。結婚している身でありながら、配偶者以外の人と性的な関係を持つことは、許されることではありません。夫婦には、不貞関係を持たない義務があると考...

  • 離婚にまつわるお金の話

    ここで注意しなければならないのは、共有財産には、負の財産、すなわち借金も含まれるということです。住宅ローンや自動車ローンが残っている場合には、そうした借金についても共有のものとして、分け合うことになるのです。ただし、借金を夫婦二人で半額ずつ分けることはできないため、現在の価格を計算し、相殺する形で対応することが一...

  • DV・モラハラ被害で離婚を考えている方へ

    「DVの被害を受けており離婚したいが、身の危険を感じてどのように話し合いをすすめればよいか分からない。「配偶者からモラハラを受けているが、離婚について切り出しても話にならず、苦痛を受けるばかりで、どうしたらよいのか分からない。離婚について、こうしたお悩みを持たれているDVやモラハラの被害を受けている方は少なくあり...

  • 離婚が認められる理由

    多くの方が離婚の方法と聞いてイメージされるのが、こうした協議離婚による離婚でしょうから、その際には、離婚の理由はどういったものでも問題ないということになります。 一方、裁判離婚では、法に定められた離婚理由があることと、少なくとも一度離婚調停を利用して不成立に終わっていること(調停前置主義)が、訴訟を起こす条件とな...

  • 離婚の種類と成立までの流れ

    「何種類もある離婚の方法のうち、自分にとって最適な方法をどう選べばよいのか分からない。「DV被害を受けているため、離婚調停を利用したいが、手続きが難しそうで二の足を踏んでしまっている。など、こうしたお悩みをお持ちの方も少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、代表的な離婚の種類と...

  • 刑事事件の解決は池袋副都心法律事務所へお任せください

    池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で離婚や相続問題、債務整理、不動産トラブル、交通事故 、不当解雇などの労働問題、刑事事件について幅広く対応しております。 一般民事事件、労働問題、刑事事件に関してお悩みの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下さ...

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分