01

限定承認 手続き

  • 相続放棄・限定承認とは

    限定承認とは、故人の財産を限度として借金を弁済し、財産が残ったならばそれを受け継ぐという相続方法です。相続放棄も限定承認も、相続があったことを知ってから3ヶ月以内に手続きをしなければならないという点で共通しています。 故人が多額の借金を抱えていて、財産を全て相続すれば、故人と自分の財産を合わせても借金の返済ができ...

  • 不動産トラブルを解決するには

    このような訴訟手続きなどを行う際には、あらゆる訴訟手続に関して訴訟代理人となることができる弁護士にご相談いただくのがベストであると考えられます。 また相手方に見るべき資産が無く賃料が回収できないような場合には賃貸借契約の解除も検討すべきです。前貸借契約は当事者間の信頼関係を基礎とした継続的契約ですから解除には正...

  • 遺産相続トラブルを弁護士に相談・依頼するメリット

    しかし、遺産相続には様々な法律知識や手続きに関する知識が必要であって、話し合いをまとめるのが難しいことも少なくありません。 弁護士は、相続人間の話し合いでは折り合いがつかないときに、第三者として介入し、法律の知識をもとに話を整理してくれます。法律の専門家である弁護士に依頼することで、スムーズに相続問題を解決するこ...

  • 相続放棄を行った方が良いケースとは

    また、遺産分割協議が紛糾して、家庭裁判所での調停や審判に発展してしまった場合を考えると、 煩わしい手続きから解放されることができ、時間と労力が節約できるといえます。 以上のような場合は相続放棄を検討しても良いといえますが、一度相続放棄をすると撤回することができないため、安易に相続放棄を選択すると後悔する可能性があ...

  • 不動産相続に関するよくあるトラブル

    不動産の処分を行いたい場合に、相続人の配偶者や子どもなどに承諾を求めなければならず、より手続きが煩雑となってしまいます。 そもそも、不動産の評価額自体に、時価にするのか、固定資産評価額にするのか、財産評価基本通達の価格にするのか等、色々な評価の仕方があって、幅があります。評価額についても相続人間での合意が必要で、...

  • 遺産分割協議について

    また、不動産の相続登記手続きや相続税の申告などで、遺産分割協議書を提出する必要がある場合があります。 相続人同士の話し合いでは解決できなかった場合、家庭裁判所において調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う調停という手続きが行われます。 調停でも相続人全員の合意が得られなければ、家庭裁判所での審判を行います。審判...

  • 遺言書の種類と効力

    特別な手続きなしで作成が可能で、費用もかかりません。 遺言者が遺言全文・日付・氏名を手書きで自書し、押印をすることが必要です。遺言書に添付する財産目録については、自筆しなくても構いません。遺言書の内容の一部がパソコンで作成されている、内容に曖昧なところがあるなどの不備があれば、遺言としての効力を失ってしまいます。...

  • 相続発生から申告・手続きの流れ

    相続は、特別な手続きなしに死亡によって当然に発生します。相続が開始した際の手続きの流れをご説明します。 相続人となるのは、民法に規定された法定相続人と、遺言書で指定された人です。法定相続人は、被相続人の配偶者、血族(子、親、兄弟姉妹等)をいいます。 相続が発生すれば、まず遺言書の有無を確認します。 遺言書が見つか...

  • DV・モラハラ被害で離婚を考えている方へ

    離婚調停は家庭裁判所に申し立てることで利用することができ、配偶者と顔を合わせることなく手続きを進めることが可能です。調停委員に対して夫婦がそれぞれ離婚とその条件について自らの意見を述べるため、冷静に話し合いをすすめることが期待できます。別居している場合には、配偶者に現在の住所を知られないよう配慮してもらうこともで...

  • 離婚の種類と成立までの流れ

    「DV被害を受けているため、離婚調停を利用したいが、手続きが難しそうで二の足を踏んでしまっている。など、こうしたお悩みをお持ちの方も少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、代表的な離婚の種類と成立までの流れについてくわしくご説明します。 ■協議離婚協議離婚とは、夫婦が当事者によ...

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分