01

家庭 裁判所 調停

  • 遺産相続トラブルを弁護士に相談・依頼するメリット

    相続人間での話し合いで解決しなかった場合は家庭裁判所調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う「調停」や、家庭裁判所が法律にのっとって強制的に分割方法を決定する「審判」の手続きに移ります。その場合の主張も、弁護士が法律知識をもとに代理して行ってくれます。 遺産分割協議が長引けば、手間がかかりますし、相続人同士の人...

  • 相続放棄を行った方が良いケースとは

    また、遺産分割協議が紛糾して、家庭裁判所での調停や審判に発展してしまった場合を考えると、 煩わしい手続きから解放されることができ、時間と労力が節約できるといえます。 以上のような場合は相続放棄を検討しても良いといえますが、一度相続放棄をすると撤回することができないため、安易に相続放棄を選択すると後悔する可能性があ...

  • 遺産分割協議について

    相続人同士の話し合いでは解決できなかった場合、家庭裁判所において調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う調停という手続きが行われます。 調停でも相続人全員の合意が得られなければ、家庭裁判所での審判を行います。審判では、裁判所が法律にのっとって強制的に分割方法を決定します。 遺産分割協議が長引けば、手間がかかります...

  • 相続発生から申告・手続きの流れ

    話し合いでは解決できなかった場合は、家庭裁判所において調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う、調停という手続きが行われます。調停でも相続人全員の合意が得られなければ、家庭裁判所での審判を行います。審判では、裁判所が法律にのっとって強制的に分割方法を決定します。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、...

  • 養育費の不払いにお困りの方へ

    養育費の金額は、協議離婚においては夫婦が自由に取り決めることができ、家庭裁判所にて行われる調停離婚や裁判離婚では養育費算定表が用いられます。養育費算定表は、子どもの数や年齢、両親の収入から、支払うべき養育費の金額を算定できる表となっています。 養育費の支払いは、原則として子どもが成人するまでですが、近年は大学など...

  • DV・モラハラ被害で離婚を考えている方へ

    DV(家庭内暴力)やモラハラは、配偶者から肉体的・精神的に苦痛を受ける、とても苦しいものです。一度は愛した人だと思うかもしれませんが、そうした被害の状態から一刻も早く逃れなければ危険な場合もあります。 まずは、離婚に先駆けて、別居するということも一つの選択肢です。別居に際して生活費に不安を覚える方もいらっしゃるで...

  • 離婚の種類と成立までの流れ

    「DV被害を受けているため、離婚調停を利用したいが、手続きが難しそうで二の足を踏んでしまっている。など、こうしたお悩みをお持ちの方も少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、代表的な離婚の種類と成立までの流れについてくわしくご説明します。 ■協議離婚協議離婚とは、夫婦が当事者によ...

  • 遺言書の種類と効力

    遺言者の没後に、家庭裁判所に遺言書の「検認」を申し立てる必要があります。検認とは、遺言の存在を確認し、内容を明確にして、遺言書が偽造や変造されていないかを確認するための保全の手続きです。 ■公正証書遺言公正証書遺言とは、二人の証人の立ち会いのもと、公証役場で公証人が遺言者から遺言内容を聴き取りながら作成する遺言で...

  • 債務整理に関するお悩みは池袋副都心法律事務所へお任せください

    個人再生とは再生計画書を裁判所に提出して認可をもらうことによって行うことが可能になります。借金が1/5程度に減額され、再生計画に従って返済を完了することによって全部の支払いが免除されるという制度です。自己破産と異なり、住宅ローンを支払い続けることでマイホームを残すことが可能な場合もあります。自己破産は裁判所に申し...

  • 離婚にまつわるお金の話

    離婚において慰謝料を請求できるケースには、配偶者の不貞行為(いわゆる不倫)があった場合や、配偶者からDV(家庭内暴力)を受けていた場合、配偶者からモラハラの被害を受けていた場合などがあります。離婚で請求できる慰謝料には、離婚原因慰謝料と離婚自体慰謝料の2つがあり、基本的に両者を合わせて請求していきます。離婚原因慰...

  • 離婚が認められる理由

    一方、裁判離婚では、法に定められた離婚理由があることと、少なくとも一度離婚調停を利用して不成立に終わっていること(調停前置主義)が、訴訟を起こす条件となっています。離婚の理由が問題になるのは、離婚協議や調停では離婚が成立せず、訴訟を提起する必要がある場合です。 ■離婚が認められる理由とは離婚が認められる理由につい...

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分