01

離婚裁判 費用

  • 離婚裁判の基礎知識|流れや費用、弁護士に依頼するメリットなど

    離婚裁判は、話し合いで離婚にいたらない場合、それでも離婚を希望する際に必要となる手続きです。もっとも、離婚裁判は誰の身にも起こり得る事柄であるにもかかわらず、その詳細について知っている人は多くないのではないでしょうか。本稿では離婚裁判の基礎知識について、流れや費用、弁護士に依頼するメリットなども併せて解説します。...

  • 不動産トラブルを解決するには

    相手方が賃料を継続して支払わないような場合には正当事由が認められる場合がありますし、仮にそれだけでは認められない場合であっても立ち退き費用の支払いをすることによって正当事由が補完され賃貸借契約の解除が認められる場合があります。これらの請求も訴訟等によって請求することを予定している場合には弁護士にご相談いただくのが...

  • 遺言書の種類と効力

    特別な手続きなしで作成が可能で、費用もかかりません。 遺言者が遺言全文・日付・氏名を手書きで自書し、押印をすることが必要です。遺言書に添付する財産目録については、自筆しなくても構いません。遺言書の内容の一部がパソコンで作成されている、内容に曖昧なところがあるなどの不備があれば、遺言としての効力を失ってしまいます。...

  • 養育費の不払いにお困りの方へ

    養育費とは、一般的に、子どもがいる夫婦が離婚した際に、子どもと一緒に暮らしている側の親に対して、子どもと一緒に暮らしていない側の親が支払う、子どもが生活を送るための費用のことをさします。養育費のなかには子どもの食費や被服費などが含まれています。 養育費の金額は、協議離婚においては夫婦が自由に取り決めることができ、...

  • 離婚にまつわるお金の話

    ■婚姻費用分担請求婚姻費用とは、結婚期間中に要するさまざまな生活費のことをいいます。夫婦は婚姻費用について、お互いが協力して負担する義務があり、収入の多い方が少ない方を補う形で生活することが想定されています。離婚においては、別居という生活スタイルが取られることも少なくありませんが、別居期間中とはいえ、結婚生活は続...

  • DV・モラハラ被害で離婚を考えている方へ

    別居に際して生活費に不安を覚える方もいらっしゃるでしょうが、配偶者に対して婚姻費用分担請求とよばれる生活費の支払いを求めることが認められています。身の安全を確保してから離婚について冷静に話し合える環境を作ることも、一つの方法なのです。 ■配偶者と直接話し合わない方法配偶者と直接話し合わずに離婚する方法もあります。...

  • 離婚の種類と成立までの流れ

    裁判離婚とは、離婚裁判の判決によって成立させる離婚の種類をさします。離婚訴訟を提起するためには、民法に定められた離婚理由に該当する必要があるほか、離婚調停が不成立に終わっている必要があるなど、条件があります。離婚協議や調停でも条件が折り合わない場合、裁判官の判断による適切な判断が期待される手続きとなります。 上記...

  • 養育費はいつまで支払うのか?

    養育費は、親権を得ることができなかった親が、親権を有する親に対して支払う子どもを育てるための費用をいいます。養育費の支払いは民法上規定されています。子どもを扶養することは法律上の義務であり、離婚する際には子どもを育てる際に発生する費用について、親権がない親も負担すべきことを法律が要求しています。 養育費の金額は法...

  • 養育費を払わないとどうなる?

    養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。一般的には、子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります(法務省HPより)。 両親が子の養育費を負担することは民法上の義務です。両親が婚姻している場合は民法760条の婚姻費用分担...

  • 年収400万の養育費相場はいくらか

    養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。一般的には、子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります(法務省HPより)。離婚により夫婦関係が終了した場合でも、法律上の親子関係は依然として存続し、両親には子の養育費をともに負...

  • 公正証書遺言の効力|無効になるのはどんなケース?

    そのため、多少の手間と費用はかかりますが、正確な内容の遺言をすることができます。ほかにも、遺言者の自筆が不要である点や、検認手続きが不要であることから、相続開始後、速やかに遺言を執行できるというメリットがあります。また、原本が公証役場に保管されるため、隠匿・改ざんのおそれもなくなります。 しかし、公正証書遺言の効...

  • 遺留分を請求された場合の対処法

    放置することで調停や訴訟に発展してしまうと、多大な費用や労力を使うことになってしまいます。そのような事態を避けるためにも、可能な限り相手との話し合いで解決することが望ましいです。 ●調停や訴訟を行う交渉が難しい場合は、調停や訴訟を行うことになります。もっとも、相手から訴訟を起こされた場合、裁判所への出頭を拒否しこ...

  • 養育費の取り決めを公正証書に残すべき?

    費用がかかる公正証書の作成には一定の費用がかかります。養育費の金額が100万円以下の場合、手数料は5000円ですが、金額が増えるごとに手数料の額も増えていき、500~1000万円の場合は17000円となります。また、公正証書やその元となる離婚協議書の作成を弁護士に依頼した場合は、追加の費用がかかることになります...

  • 離婚調停が不成立となるケース|その後の流れや対処法も併せて解説

    万円程度の費用がかかります。ただ、訴訟により、話し合いを続けていくよりも迅速かつ適切な解決に至ることが期待できる場合もあります。離婚調停を成立しやすくするための方法それでは、離婚調停を成立しやすくするためにはどのような対処法が考えられるのでしょうか。 まずは、離婚の条件に優先順位をつけることです。あらゆる条件を一...

02

当事務所が提供する基礎知識

Main Business

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

関根翔弁護士

2022年先生の選び方evangelistに選ばれました

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

「複雑な相続問題は弁護士の力が不可欠」手間を惜しまず綿密な計画を立て、依頼者の利益を実現 弁護士 関根 翔 インタビュー 相続弁護士ドットコムに掲載

弁護士ドットコムに掲載中 今までにご相談をいただいた方からの感謝の声が紹介されています

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 日、祝、その他不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分