01

dv 夫

  • 離婚問題を弁護士に相談・依頼するメリット

    協議離婚の場合には、婦だけで離婚の条件について検討し取り決めることができますが、検討に漏れがあり、離婚後にトラブルとなるケースが数多く発生しています。協議離婚であっても弁護士に相談することで、そうした検討漏れによるトラブルを回避することが可能になります。 また、よりご相談者様に適した方法を弁護士が提案できるケー...

  • 養育費の不払いにお困りの方へ

    子どもがいる婦が離婚した際には、養育費に関してこうしたお悩みをお持ちの方は少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、養育費の不払いについてスポットライトをあててご説明します。 ■養育費とは養育費とは、一般的に、子どもがいる婦が離婚した際に、子どもと一緒に暮らしている側の親に対...

  • 子どもの親権獲得について

    子どもがいる婦が離婚する場合には、親権に関してこうしたお悩みをお持ちの方は少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、親権についてスポットライトをあててご説明します。 ■親権とは親権とは、子どもの権利を十分に保護するために、親が行使することができる権利のことをさします。未成年の子...

  • 不貞行為とは

    婦には、不貞関係を持たない義務があると考えられているのです。逆に、結婚している人が、結婚相手以外と食事にいったり出かけたりしただけでは、不貞行為とはいえないのです。 ■不倫相手への慰謝料請求は可能か不貞行為を原因として離婚する場合には、不貞行為を行っていた配偶者に対して慰謝料を請求することができます。では、不倫...

  • 離婚にまつわるお金の話

    財産分与とは、離婚に際して、結婚期間中に婦が共同でためてきた財産を分け合うことをさします。一般的な財産分与の割合としては、婦それぞれ半分ずつにするもので、これを清算的財産分与といいます。財産分与の対象となる財産を共有財産といいますが、婦それぞれのものとして普段使っているような衣類や、結婚前からの預貯金などに...

  • DV・モラハラ被害で離婚を考えている方へ

    DV・モラハラの被害を受けている方におすすめできる離婚の方法は、婦関係調整調停すなわち離婚調停を利用した調停離婚です。離婚調停は家庭裁判所に申し立てることで利用することができ、配偶者と顔を合わせることなく手続きを進めることが可能です。調停委員に対して婦がそれぞれ離婚とその条件について自らの意見を述べるため、冷...

  • 離婚が認められる理由

    たとえば、協議離婚によって離婚する場合には、婦だけで離婚の条件について自由に取り決めることができ、当然、離婚すること自体についても婦の判断で決めることができます。離婚届に必要事項が記入され、婦それぞれの署名と捺印がなされていれば、役所で問題なく受理されます。多くの方が離婚の方法と聞いてイメージされるのが、こ...

  • 離婚の種類と成立までの流れ

    協議離婚とは、婦が当事者による話し合いによって成立させる離婚方法を意味します。協議離婚成立の流れとしては、婦間で親権・養育費・面会交流・財産分与・慰謝料等につき定めた離婚協議書を作成し、その後婦それぞれが必要事項を記入した離婚届を役所に提出するというものです。一般的に離婚の方法と聞いてイメージされるのが、こ...

  • 養育費はいつまで支払うのか?

    養育費の金額は法律上決まっているわけではなく、婦で話し合って決める事項です。話し合いで決まらない場合には調停や裁判で決することとなります。 では、養育費を支払うこととなった場合には、子どもが何歳になるまで支払う必要があるのでしょうか。この点、民法では明確に何歳まで支払わなくてはいけないと規定されているわけではあ...

  • 相手方の年収が600万円の場合の養育費相場

    養育費に関して婦間で話がまとまらない場合は弁護士に相談されるのがよろしいと思います。当事務所では離婚問題に精通した弁護士が在籍しておりますから安心してご相談いただけます。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で離婚問題を中心に、相続問題、債務整理、不動...

  • 離婚時の年金分割とはどんな制度?

    年金分割とは、一定条件に該当する場合に、婚姻期間中に納めた厚生年金及び共済年金を婦共同で収めたものとする制度です。収入が低い配偶者からすれば、年金分割を行うことにより将来もらえる年金を増やすことが期待できます。 ■年金分割を行うには・合意による分割年金分割を行うためには年金分割の割合につき他方から合意を得る必要...

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分