池袋副都心法律事務所 > 離婚・男女問題 > 年収400万の養育費相場はいくらか

01

年収400万の養育費相場はいくらか

養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。一般的には、子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります(法務省HPより)。離婚により夫婦関係が終了した場合でも、法律上の親子関係は依然として存続し、両親には子の養育費をともに負担する民法上の義務があります。子を監護することになった方の親(主に親権者)は、監護をしない方の親に対して、養育費の支払いを求めることができます。

 

それでは、養育費の計算は具体的にどのようにすればよいのでしょうか?
養育費の金額は画一的に決まるものではなく、家庭内の様々な事情を考慮して判断されるものです。まずは、夫婦間の協議によってその額を自由に決定することができます。もっともその際、養育費の「相場」を用いるとスムーズに金額を決めることができます。この相場については、下記リンク先の裁判所HPにて「養育費算定表」が公開されています。

https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html

 

これによると、たとえば0歳~14歳までの子が1人いる年収400万円の会社員の父親は、年収200万円の親権者である母親に対して、月額2~4万円の養育費を支払うのが相場となっているようです。(表1参照)

 

上記算定表からすれば、養育費の相場は、子の年齢や人数、両親の収入等によっておおむね決まると言えます。

 

なお、協議がまとまらず養育費の額が定まらない場合には、家庭裁判所において家事調停手続を利用することができます。

 

池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の皆様から、広くご相談を承っております。離婚問題をはじめとして、相続、債務の整理、不動産トラブル、交通事故などのほか、不当解雇などの労働問題、刑事事件についても幅広く対応しております。離婚・婚姻費用・養育費トラブルに関してお悩みの事がございましたらお気軽に池袋副都心法律事務所までご相談下さい。豊富な知識と経験を有する弁護士が丁寧にご対応いたします。

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分