01

養育費 減額 調停

  • 養育費の不払いにお困りの方へ

    養育費について事前に金額を決めて協議離婚により離婚したが、支払いがストップしている。支払いを再開してもらえないだろうか。「離婚した元配偶者が再婚してから、養育費の不払いが続いている。支払い能力は十分にあると思うが、どう対応していくべきだろうか。子どもがいる夫婦が離婚した際には、養育費に関してこうしたお悩みをお持...

  • 養育費を払わないとどうなる?

    養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。一般的には、子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります(法務省HPより)。 両親が子の養育費を負担することは民法上の義務です。両親が婚姻している場合は民法760条の婚姻費用分担...

  • 養育費の減額請求|減額できる条件や具体的な方法とは

    離婚の際、未成熟な子どもがいる場合は、養育費の取り決めをすることが多いかと思います。満20歳まで、大学卒業までなど、一定の時期まで、毎月一定の金額を定めることが多いでしょう。しかし、時の経過により、支払義務者の収入が減ったり、支払義務者に別の子が生まれたりするなどして、従前の養育費を維持して支払い続けることが困難...

  • 離婚の種類と成立までの流れ

    「DV被害を受けているため、離婚調停を利用したいが、手続きが難しそうで二の足を踏んでしまっている。など、こうしたお悩みをお持ちの方も少なくありません。 このページでは、離婚にまつわる数多くのお悩みのなかでも、代表的な離婚の種類と成立までの流れについてくわしくご説明します。 ■協議離婚協議離婚とは、夫婦が当事者によ...

  • 養育費はいつまで支払うのか?

    養育費は、親権を得ることができなかった親が、親権を有する親に対して支払う子どもを育てるための費用をいいます。養育費の支払いは民法上規定されています。子どもを扶養することは法律上の義務であり、離婚する際には子どもを育てる際に発生する費用について、親権がない親も負担すべきことを法律が要求しています。 養育費の金額は法...

  • 年収400万の養育費相場はいくらか

    養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。一般的には、子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります(法務省HPより)。離婚により夫婦関係が終了した場合でも、法律上の親子関係は依然として存続し、両親には子の養育費をともに負...

  • 債務整理に関するお悩みは池袋副都心法律事務所へお任せください

    任意整理とは貸金業者と交渉をすることによって債務を減額してもらったり、支払いの分割回数などを変更してもらうことを指します。あくまでも任意の交渉となりますので債務の減額や支払い方法の変更が認められるかは交渉の仕方及び相手方の対応など状況次第となります。弁護士にご相談いただけましたら任意整理に関して適切なアドバイスや...

  • 遺産相続トラブルを弁護士に相談・依頼するメリット

    相続人間での話し合いで解決しなかった場合は家庭裁判所で調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う「調停」や、家庭裁判所が法律にのっとって強制的に分割方法を決定する「審判」の手続きに移ります。その場合の主張も、弁護士が法律知識をもとに代理して行ってくれます。 遺産分割協議が長引けば、手間がかかりますし、相続人同士の人...

  • 相続放棄を行った方が良いケースとは

    また、遺産分割協議が紛糾して、家庭裁判所での調停や審判に発展してしまった場合を考えると、 煩わしい手続きから解放されることができ、時間と労力が節約できるといえます。 以上のような場合は相続放棄を検討しても良いといえますが、一度相続放棄をすると撤回することができないため、安易に相続放棄を選択すると後悔する可能性があ...

  • 遺産分割協議について

    相続人同士の話し合いでは解決できなかった場合、家庭裁判所において調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う調停という手続きが行われます。 調停でも相続人全員の合意が得られなければ、家庭裁判所での審判を行います。審判では、裁判所が法律にのっとって強制的に分割方法を決定します。 遺産分割協議が長引けば、手間がかかります...

  • 相続発生から申告・手続きの流れ

    話し合いでは解決できなかった場合は、家庭裁判所において調停委員を仲介しながら遺産分割協議を行う、調停という手続きが行われます。調停でも相続人全員の合意が得られなければ、家庭裁判所での審判を行います。審判では、裁判所が法律にのっとって強制的に分割方法を決定します。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、...

  • 離婚問題を弁護士に相談・依頼するメリット

    協議離婚であれば、離婚協議書を作成するだけではなく強制執行認諾約款付きの公正証書とすることで、養育費の不払いなどに対して法的な効力を高めた書類にすることができるなど、弁護士は専門的な知識と経験から提案することができます。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千...

  • DV・モラハラ被害で離婚を考えている方へ

    DV・モラハラの被害を受けている方におすすめできる離婚の方法は、夫婦関係調整調停すなわち離婚調停を利用した調停離婚です。離婚調停は家庭裁判所に申し立てることで利用することができ、配偶者と顔を合わせることなく手続きを進めることが可能です。調停委員に対して夫婦がそれぞれ離婚とその条件について自らの意見を述べるため、冷...

  • 離婚が認められる理由

    一方、裁判離婚では、法に定められた離婚理由があることと、少なくとも一度離婚調停を利用して不成立に終わっていること(調停前置主義)が、訴訟を起こす条件となっています。離婚の理由が問題になるのは、離婚協議や調停では離婚が成立せず、訴訟を提起する必要がある場合です。 ■離婚が認められる理由とは離婚が認められる理由につい...

  • 面会交流権とは

    また、話し合いで決めることができなかった場合には、調停や審判手続きにより決定することとなります。 面会交流について不安なことやわからないことがある場合には弁護士にご相談ください。 池袋副都心法律事務所では、「面会交流権」や「親権」などの「離婚」に関するご相談を承っております。なにか「離婚」についてお悩みのことやご...

  • 相手方の年収が600万円の場合の養育費相場

    養育費には相場がある離婚した場合において親権者となった親は、親権を有していない相手方に対して養育費を請求することができます。養育費の金額は具体的に法律で定められているものではないため、原則としては当事者間の話し合いで金額を決めるものです。しかしながら養育費には相場があり、子どもの人数や父母の年収などからある程度...

  • 離婚時の年金分割とはどんな制度?

    もし他方から合意を得ることができない場合でも、調停や審判、離婚訴訟における附帯処分において年金分割の割合を定めることができます。 ・3号分割第2号被保険者に扶養されている、20歳以上60歳未満の配偶者であって、年収130万円未満の第3号被保険者であれば3号分割を利用できることがあります。3号分割では平成20年4月...

  • 遺産の相続割合をケースごとに解説

    遺産分割は、第一に遺言による指定分割の方法、それがなければ第二に遺産分割協議による方法、協議が整わないときには第三に家庭裁判所による審判分割・調停分割による方法があります。 池袋副都心法律事務所では、豊島区、練馬区、板橋区、文京区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の皆様から、広くご相談を承っております。離婚...

03

よく検索されるキーワード

Search Keyword

04

弁護士紹介

Lawyer

関根翔弁護士

2022年先生の選び方evangelistに選ばれました

弁護士関根 翔

ご依頼者のお悩みに親身かつ迅速な対応を心掛けています。

依頼者の希望を最大限叶えるための方針を検討・ご提案いたします。受任時に解決や判決の見通しを丁寧に説明し、事件後のアフターケアにも対応しています。

所属団体
  • 東京弁護士会
  • 東京商工会議所
経歴
  • 早稲田大学法科大学院修了
  • 2013年 弁護士登録(登録番号 47966)
  • 2019年 池袋副都心法律事務所開設

05

事務所概要

Office Overview

事務所名 池袋副都心法律事務所
弁護士 関根 翔(せきね しょう)
所属 東京弁護士会、東京商工会議所
所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-12 大地屋ビル6階A号
TEL/FAX

TEL:050-5370-0622 / FAX:03-6907-2090

電話がつながりにくい場合、問合せフォームからご連絡ください。

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
アクセス

JR池袋駅西口より徒歩4分

東京メトロ池袋駅C3出口より徒歩1分